Make your own free website on Tripod.com



アンディ・ウォーホル・ミュージアム


7階建ての建物で、私が行ったときは7階で企画展を、
6階は閉鎖されていた。
7階の企画展が面白かった。
ウォーホルと関連のある美術作品と、
彼の作品が並べて展示してあった。
アール・デコや、ネイティヴ・アメリカンの美術と並べられ、
解説されていると、いろいろ気付かされる。
7階でかなり時間が取られた。

5階から2階は、50's〜80'sと、作品がだんだん新しくなっていく。
個人的には、「毛沢東」の部屋が良かった。
スタジオのように広い一室全部が「毛沢東」。
ウォーホルの作品で「何だこれ!」と初めてショックを受けたのが、
彼の「毛沢東」だったので、個人的に思い入れのある作品。
毛沢東の顔を緑に塗っちゃうって、普通の人にはなかなかできないよね。

3階(だったかな?)に資料室があって、
ウォーホルやポップアートに関するいろいろな文献があった。
日本語やハングルで書かれた文献も。
ポップ・アートの作家を新しく覚えた。
Allen Jones の"Hatstand" は、村上隆の祖っぽい作品。
Frank Xerox の"Almost a Frank Xerox" という
ウォーホルの「マリリン」をモチーフに(パロった?)作品。

資料室にいたり、彼のフィルムを見たりで、
結局、ここに2時間以上いた。
ウォーホルのフィルムを字幕無しで見るのは辛いし、
ショットがほとんど変わらず単調だから、
シアターには30分くらいしかいなかったけど。



[アメリカ旅行記へ][INDEXへ]