Make your own free website on Tripod.com



加藤千恵って知ってる?

☆早坂類さんのご好意により、このイベントの写真をアップしてあります☆


  今日は歌人、加藤千恵さん(以下かとちー)の処女短歌集

「ハッピーアイスクリーム」の出版を記念したイベントに行ってきた。

まず、入場して驚いた。入り口にかとちーがいるんだもの。

自分の作品を前に浴衣着て座ってる姿が、ちょっとコミケっぽかったぞ(笑)

開演は19:30からだったのだが、その前から会場のロフトプラスワンにはたくさんの人が。

しばらくしてこの短歌集をプロデュースした枡野浩一さん登場。

かとちーと共に壇上に上がり、かとちーにいろいろインタビュー。

最初に枡野浩一と名乗りながら、

「枡野浩一に詳しいライター」がかとちーにインタビューするという形で進んでいく。

「加藤さんが言うこと聞かなくて、枡野さんは相当困ったみたいですよ」みたく

「私は枡野浩一じゃないよ」みたいな感じで、結構、突っ込んでいた。

かとちーがあまりに福山雅治について熱く語るので、

枡野さんはそれをからかい、それに熱く言い返すかとちーを

オトナな観客たちは爆笑。

その後、かとちーとその友人舞ちゃんによるコントのビデオが流されたが

新しい感覚の笑いに今一つ付いていけず、観客は静かだった。

こういう様子はまさに普通の女子高生。

好きな男の子の話題が振られると顔を赤くして黙ってしまったり

VTRの中で「LOVE&PEACE」とカメラの前で合図する姿とか、

そのVTRを見て、恥ずかしがりながら「頭悪そう」と自分で言ってるところとか、

そういう姿を見ると、かとちーをとても身近に感じる。

いろんな方々が来ていた。その中でも個人的に印象に残ったのは、2人の歌人。

向井ちはるさんと、正岡豊さん。

向井さんからは女性っぽさをすごく感じた。向井さんが美人ってこともあるけど。

こういうこと書くと、「かとちーは女性っぽくないのか」と突っ込まれそうだが、

かとちーのような女の子っぽさでなく、まさに女性らしさって感じ。

正岡豊さんは、加藤千恵評が面白かった。

かとちーや何処の歌人の集まりにも属さない枡野さんに対し、

従来の歌人の視点からいろいろ話してくださった。

といっても、正岡さんも歌壇の中心にいる方ではないが、

俳人や歌人の集まりに所属されていて、旧来のこう言う世界をよく知ってらっしゃる。

かとちーの短歌には季語を表す言葉が出てこないといったところから、

「無季の俳句は、その分、季節が入り込めないくらい何かで埋まっていればいい」

といった話になり、かとちーの短歌は何で埋まっているかという話になった。

それで、他人を気遣うとか、コミュニケーションで埋まっているといった話になり、

そういった話をとても興味深く聞いた。

枡野さんの指摘も面白かった。

高校生は逆に背伸びしたり文学的になったりして、

かとちーのような日常の短歌を書けないとか、

かとちーの短歌はテレビでも、紙媒体でも何にでもマッチするといったことを言っていた。

気取っていなくて、今までの短歌と違うから、

「歌人は評価しづらい短歌」と、枡野さんはかとちーの短歌を評するのだと思う。

すごくコンビニ的だと思う。今売れるものだけ詰め込んだ感じ。

売るためのマス広告とかも似合わない。

コンビニの商品のように安売りする必要がなく、POPを立てる必要もなく、

欲しい人に欲しい時に手に入ればと思う。

内容がすごくシンプルだから、その分、きちんと共感してくれる人はいると思うし。

「さ、短歌を鑑賞するぞ」と手を取るものでなく、

ふと、手に取るものだと思うから。

枡野さんも、かとちーが短歌を勉強して下手になる事を心配してた。

だから、この短歌集はふと手に取れる位置にあれば

それ以上の過剰なプロモーションは似合わない気がする。

かとちーの短歌を「そこにある短歌」と評したい。


枡野さんがその昔作ったプロモビデオをもらった。

現在スキンヘッドの枡野さんが、草野マサムネみたいだった頃のビデオ。

本人曰く、今でも髪を伸ばせば、草野マサムネ似であるとのこと。

3分の1の競争率のジャンケンに見事勝ち抜いた。

就活で運の必要性を痛感している今日この頃。

この好調をキープしたまま生活を送りたいなぁ。

会場に大人計画の松尾スズキさんが来ていた。

「握手してください」と握手してもらった。

(これ、私的には今回の中でかなり目玉になった)

お酒飲んでたこともあって、手がとても暖かかった。

松尾さんは枡野さんと親交があるらしい。

こういうイベントにきちんと参加する姿勢がサスガと思う。

面白そうなイベントには顔を出すという、

面白そうなものにアンテナを張っている姿勢って

やっぱり、クリエイターには大切なんだろうなぁ。

さっき、緊張しながら握手してもらいながら、

松尾さんが領収書を出口で貰っていて、出口を塞いでいたので、

「すみませ〜ん」と松尾さんをどかしてしまうこの私って、現代人って感じだよなぁ。


追伸。長瀬さん、楽しかったっす。



[INDEXへ]